20万円は審査なしで借りれる?どうしても明日までに必要な時やブラック・無職などタイプ別の借入方法は?

20万円を審査なしで借りられる

「20万円は審査なしで借りられる?」
「無職やブラックでも20万円を審査なしで借りれる?」

結論、審査なしで20万円を借りることはできません!

しかし、今すぐお金を借りたい人におすすめの対処法は存在します。

上記のような悩みを抱えている方もいると思います。

20万円借りる対処法を説明した図

今すぐにお金を借りる対処法として、即日融資に対応している大手消費者金融がおすすめです!

特に信用情報がブラックになってしまったり、失業中で無職になってしまったりした人にとっては、借入もできず途方に暮れていることもあるのではないでしょうか。

ただし、今すぐ20万円を借りる方法には条件があるため、確実にお金を借りられるとは限りません。

この記事では、20万円を借りる方法について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 審査なしで20万円を借りる方法がわかる
  • 各消費者金融の即日融資のやり方がわかる
  • 審査に通りやすくするための3つの条件がわかる

今すぐ20万円を借りたい人や即日融資を受けたい人は、ぜひ参考にしてください。

目次

20万円借りたい人におすすめの借入先一覧!審査なしや即日融資についても紹介

20万借りたいときにおすすめの借入先4つ

「20万円を審査なしで借りたいけど、どこから借りたらよいかわからない」

このような方も多いのではないでしょうか。

20万円を借りたい時は、以下の借入先を使うのがおすすめです。

20万円借りたい人におすすめの借入先
  • 消費者金融
  • 銀行融資
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • キャッシュレス決済アプリ

今すぐ20万円を借りたい人は、事前に借入可能かわかる最短10秒の簡易審査があり、原則電話連絡・郵送物なしで職場や家族にバレずに借りられるSMBCモビットがおすすめ!

スクロールできます
金融機関名審査スピード※郵送物在籍確認
SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
詳細はこちら
簡易審査最短10秒
最短30分
なし原則電話連絡なし
アイフル
アイフルバナー
詳細はこちら
最短18分あり原則電話連絡なし

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。また、受付時間・申込の曜日・時間帯によっては、審査・振込が翌日以降の取扱となる場合があります

借入先ごとに、それぞれにメリットと注意点があります。

どんな方法が適しているかを理解したうえで、正しく判断するようにしましょう。

即日融資ができる消費者金融で20万円借りる

消費者金融・銀行カードローン・クレジットカードの融資時間を比較した図

すぐに20万円が必要な場合は、即日融資ができる消費者金融を使うのがおすすめです。

審査がスムーズに進めば、申し込みをしたその日のうちに現金を借りられます。

ただし消費者金融の審査は厳しいため、無職やフリーターの場合はまず通過できないと思っておいた方がよいでしょう。

会社員やパート・アルバイトで安定した収入があり、貯金もきちんとできている人は、消費者金融の審査も通過しやすいです。

消費者金融の借入においては、借入額によって金利が変動します。

借入額が大きくなるほど金利は高くなるので、どのくらいの金利が発生するのか事前に確認しておきましょう。

また、金利は返済の回数によっても変わります。

月々の返済額を低くすれば、返済の回数は増えて金利も高くなります。

返済の総額も高くなってしまうので、返済計画をきちんと立てておくようにしましょう。

審査は厳しいが銀行系カードローンを利用して低金利で借りる

消費者金融と銀行カードローンの違いを比較した表

審査が厳しくても金利を低くしたい場合は、銀行系カードローンを使うのがおすすめです。

銀行カードローンは、審査が厳しい代わりに金利が低いことが特徴です。

返済方法の自由度が高いため、忙しい人でも使いやすいのも魅力的です。

ただし銀行カードローンは融資まで早くても2日ほどかかります。

今すぐ借入をしたい人には向いていないかもしれません。

即日融資をするなら、消費者金融での借入やクレジットカードのキャッシング枠を利用することを検討しましょう。

SMBCモビットなら、最短10秒の簡易審査で事前に借入可能かわかり、最短30分※で借入可能なのでぜひ利用を検討してみてください。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

クレジットカードのキャッシング枠で20万円を審査なしで借りる

クレジットカードのキャッシング枠について

クレジットカードを持っている人は、キャッシング枠を使って現金を用意するのもおすすめの方法です。

キャッシング枠が設定されているカードなら、審査不要ですぐに現金を用意できます。

ただし、キャッシング枠の限度額はショッピング枠の限度額と共有しています。

キャッシング枠で借り入れた分、ショッピング枠で利用できる額は小さくなることには注意しなくてはなりません。

また、キャッシング枠での借入は金利が高いこともデメリットのひとつです。

支払い方法は一括またはリボ払いになるので、返済に時間がかかることは理解しておきましょう。

キャッシングの申し込み方法は、以下の通りです。

キャッシングの申し込み方法
  • ATM
  • 電話
  • インターネット

キャッシング枠がないカードを使っている場合は審査が必要になりますが、すでに審査が済んでいれば上記の方法で簡単に現金を借りられます。

まずは利用中のカード会社に問い合わせてみましょう。

キャッシュレス決済アプリならスマホだけで借入可能

キャッシュレス決済アプリと通常を比較したフローチャート

スマホだけで借入れたい人には、キャッシュレス決済アプリがおすすめです。

郵送やインターネットを使わず、さらにATMまで赴く必要もありません。

カードローンよりも手軽に借入ができるので、今や多くの人の主流となっている方法です。

アプリでの借入をしたい場合は、先に契約をしておく必要があります。

アプリだけインストールしても借入はできないので気をつけましょう。

キャッシュレス決済アプリには消費者金融系、銀行系とそれぞれ種類がありますが、即日融資に対応している借入先を探すなら消費者金融系のアプリがおすすめです。

銀行系のアプリは融資まで時間がかかるうえ、借入自体ができないことも珍しくありません。

スマホだけで借入をしたいと考えている人は、キャッシュレス決済アプリを使ってみてください。

今すぐ20万円を借りたい人は即日審査ができる消費者金融がおすすめ!

20万円即日融資可能な大手消費者金融の特徴

今すぐ20万円を借りたい人は、即日審査可能な大手の消費者金融から借り入れるのがおすすめです。

主な大手消費者金融は、以下の通りです。

事前に借入可能かわかる最短10秒の簡易審査があり、最短30分※で借入できるSMBCモビットがおすすめ!

スクロールできます
金融機関名審査スピード※郵送物在籍確認
SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
詳細はこちら
簡易審査最短10秒
最短30分
なし原則電話連絡なし※1
アイフル
アイフルバナー
詳細はこちら
最短18分あり原則電話連絡なし

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※1:電話での確認はせずに書面やご申告内容での確認を実施

それぞれの消費者金融には、特徴や注意点などがあります。

特に即日融資の活用方法について、それぞれの違いを把握しておきましょう。

興味のある消費者金融を見つけたら、ぜひ借入を検討してください。

SMBCモビットはWEB完結で電話連絡がないため家族にバレずに20万借りられる

SMBCモビットの申込方法

Web完結で審査を完了したい人は、SMBCモビットがおすすめです。

Web完結なら電話連絡なしで審査が完結するので、家族にバレたくない人でも安心して申し込めます。

SMBCモビットの特徴
  • 無利息期間がない
  • Web完結で電話連絡なしにできる
  • 年会費や入会金が無料

SMBCモビットで即日融資を受けるには、平日の19時までに申し込みを行う必要があります。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

土日や19時以上の申し込みでは翌日以降の対応になることがあるので、把握しておきましょう。

SMBCモビットのホームページ画面をスマホで写した写真

Web完結での申し込みには、以下のような条件があります。

SMBCモビットのWEB申込条件

即日振込をして欲しい場合は、平日の14:50までに手続きを完了する必要があります。

また、SMBCモビットでもっとも早く借入をするなら、ネット申し込みのあと、フリーコールに電話をかけるのが確実です。

電話では担当者と直接やり取りできるので、現在の状況や希望を詳細に話しましょう。

アイフルは9時から21時までに申込すると最短18分※で審査が完了する

アイフル独自サービス

アイフルは営業時間内に申し込むことで、最短18分※で審査が完了するのが魅力的です。※

アイフルの特徴
  • 会員サービスが便利
  • 自宅や勤務先への在籍確認の電話連絡が原則ない
  • 初めての利用なら最大30日間利息0円
  • 郵送物をなしにできる
  • 便利なスマホアプリサービスがある
  • 女性専用のサービスがある
アイフルのホームページ画面をスマホで写した写真

アイフルが審査に対応しているのは、9時〜21時までの間です。

この間に申し込みをすれば、最短18分※で審査が完結します。※

時間ギリギリに申し込んでも、即日融資を受けるのは難しいでしょう。

確実に当日中に融資を受けたいなら、19時までに申し込むのがベストです。

申し込みをしたその日のうちに融資を受けたい人は、申込後に審査結果を待つ間に店舗または無人契約ルームに向かいましょう。

審査に通過すれば、その場で契約手続きを行ってカードを受け取れます。

即日融資を受けるために、契約の流れを把握して、先回りして行動できるようにしておくことが大切です。

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります

貸し付け条件はこちら

プロミスは最大金利が17.8%と低くお得に借りることができる

プロミスと他社の金利を比較したグラフ

金利の低い消費者金融を利用したい人には、プロミスがおすすめです。

プロミスは最大金利が17.8%と低いので、返済額を抑えられます。

ただし、借りられる金額は最大1~500万円までです。

20万円だけ借りるつもりなら、金利が低いのはあまり影響がないかもしれません。

プロミスの特徴
  • 融資まで最短3分※
  • 最短10秒で振り込まれる瞬フリ
  • Web完結で原則電話連絡・郵送物なし
プロミスのホームページ画面をスマホで写した写真

プロミスで即日融資を受けたいときは、インターネットでの申し込みをするのがおすすめです。

また、確実に即日融資を受けるなら事前準備を確実に行っておきましょう。

書類の準備や在籍確認の準備、借入総額の確認などは申し込み前に済ませておくのがベストです。

スムーズに審査を終えられるよう、準備は漏れなく行うようにしてください。

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります

アコムは初めての借り入れなら最大30日間利息が0円になる

アコムの申込方法

無利息期間を活用できる消費者金融を探すなら、アコムがおすすめです。

アコムの特徴
  • 最短20分※、土日祝日でも審査可能
  • 自動契約機(むじんくん)を使って簡単に審査を受けられる
  • Web完結もできる

アコムでは、自動契約機(むじんくん)を使うことで融資の申し込みができます。

自動契約機(むじんくん)の稼働時間は、以下の通りです。

自動契約機(むじんくん)くんの稼働時間
  • 9:00~21:00※年中無休(年末年始は除く)

一部の地域によっては、稼働時間が少しだけ短くなっている場合もあります。

自動契約機(むじんくん)の利用をお考えの人は、お住まいの地域での営業時間を事前に調べておきましょう。

営業時間は上記の通りですが、アコムが審査を行う時間は9時〜21時の間です。

21時以降やその直前に申し込みをしても、審査が行われるのは翌日に持ち越されてしまう可能性が高いです。

確実に即日融資を受けるためには、日中の早い時間に申し込みをするようにしましょう。

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。また、受付時間・申込の曜日・時間帯によっては、審査・振込が翌日以降の取扱となる場合があります。

セントラルは大手消費者金融よりも審査が柔軟

20万円を借りるためにおすすめできるのは大手消費者金融だけではありません。

近年では中小消費者金融でも大手と変わらないサービス内容でありながら、大手よりも申込しやすい会社もあります。

セントラルもその中の1つであり、大手と同じようにWeb完結の申込や無利息サービスを取り扱っています。

セントラルの特徴
  • Web完結申込が可能
  • 即日融資対応
  • はじめての利用で30日間の無利息サービスあり
  • 年齢条件は20歳以上

セントラルに限らず、中小消費者金融の多くは大手よりも柔軟に審査をしてくれます。

たとえば過去に債務整理を行い、信用情報に履歴が残っている状況では、大手消費者金融の場合自動的に審査落ちになる可能性が高いです。

しかし中小消費者金融は申込者の現状を重視するため、返済能力があると判断されれば、融資を受けることができます。

その中でもセントラルが提供するサービスは、大手消費者金融にも引けを取りません。

申込は24時間365日対応、即日融資も可能なので、審査に不安な方はぜひセントラルも検討してみてください。

20万円を借りるために3つの条件を満たせば審査に通りやすくなる

20万円借りるための3つの条件

20万円を借りるためには、審査に通過する必要があります。

どの金融機関も審査基準を公開してはいませんが、基本となるのは「借りたお金をきちんと返す能力がある」と判断されることです。

金融機関の信用を勝ち取り、審査に通過するためには、以下の条件を満たしておきましょう。

20万円を借りるための3つの条件
  • 申し込み時の年齢が20歳以上69歳以下
  • 年収が60万円以上あり、安定している
  • 2社以上の借入や信用情報の傷がない

 20万円を借りるための3つの条件を把握して、審査に通過しやすい状況を作っておきましょう。

申込時の年齢が満20歳以上69歳以下の人

カードローンの貸し付け対象について説明した図

金融機関が融資の審査を行う時、最初に調べるのは年齢です。

ほとんどの金融機関には、対象となる年齢が明記されています。

基本的には、20歳以上、69歳以下の人が貸付の対象です。

金融機関によっては未成年への貸付を行っている場合がありますが、その場合は年齢以外の条件も提示されています。

自分が借入のできる年齢にあるかをまずは確認しておきましょう。

年収が60万円以上で安定している

継続的な収入が必要

収入が安定していることも、審査に通過しやすくなる条件のひとつです。

最低でも年収が60万円以上あり、毎月継続的に収入を得られているようであれば、信用面は十分だと言えます。

ただし、月によって収入にばらつきがあったり、貯金額があまりにも低い場合は、年収が60万円以上あっても審査に通過しないかもしれません。

収入の状況を考えて、審査に通過しやすい状態にあるかを確認しておきましょう。

ブラックリスト登録がなく信用情報にも傷がない

信用情報機関について説明した図

すでに他の金融機関での借入があると、新規の審査は通りづらくなります。

また、過去に借入をしたことがあり、支払いを延滞したり、トラブルを起こしたりしたことがある場合は審査に通過するのは難しいでしょう。

信用情報は一定期間保存されるので、信用情報に傷がついている場合は時間が経つのを待ちましょう。

自分の信用情報がどうなっているかは、以下の機関で確認できます。

指定信用情報機関をスマホで写した画像

 上記の機関を確認して、信用情報に傷がないか知っておきましょう。

消費者金融で20万円を借りる前に確認しておきたい注意点

20万円借りる時の注意点

消費者金融を活用すれば、20万円の借入は意外と簡単にできます。

気軽に借りられることはメリットの一つですが、正しく利用しないと後で困ったことになるかもしれません。

20万円を借りる前には、以下のことを確認しておきましょう。

20万円を借りる前に確認しておくこと
  • 年収の3分の1までに借入を規制する総量規制を守る
  • 審査で虚偽の情報を記入しない
  • 支払い利息が高くならないためにこまめに返済する

 消費者金融を利用するときは、上記のことを事前に確認しておくことが大切です。

年収の3分の1までに借入を規制する総量規制を守る

総量規制をスマホで写した画像

消費者金融での借入には、「総量規制」というルールが存在します。

これは借入の総額が年収の3分の1を超えないようにするもので、借り過ぎを防止するための規則です。

異なる借入先がある場合は合算したものが借入総額となるので、年収が300万円の場合、総合して100万円を超えないように調整する必要があります。

パート・アルバイトやフリーターの場合は、年収が100万円に満たない場合もあるでしょう。

20万円を借りたい場合は、年収が60万円以上である必要があります。

総量規制の基準額を超える場合は、返済能力を越える貸付と見なされるので借入をすることができません。

自分の年収がどれくらいあるのかを確認して、総量規制の範囲内にあるかを確認しておきましょう。

審査で虚偽の情報を記入しない

必要書類に虚偽の情報を記入している写真

審査では、虚偽の情報を記入しないようにしましょう。

年収や勤務先、年齢などに誤りがあると、審査に通過できません。

また、もし虚偽の情報が明らかになった場合、ブラックリストに記載され、その後どの金融機関でも審査に落とされてしまう可能性があります。

なお、アリバイ会社を使用するのは避けるべきです。

フリーターや水商売などの人で、少しでも審査に通過する確率を高めるために、勤務先を偽装するアリバイ会社の利用を考えている人もいるかもしれません。

しかし、アリバイ会社を借入の際に使うのは違法とされています。

嘘がバレてしまった時に状況がさらに悪くなってしまうので、賢明な行動とは言えないでしょう。

審査で記入する項目は、嘘偽りなく、間違いのない情報を記載しましょう。

支払い利息が高くならないためにこまめに返済する

数回に分けてこまめに返済している様子の写真

借入をする前に、返済計画を立てておくことも大切です。

返済回数と金利を見ながら、月々どのくらいの返済額であれば確実に返せるのかを判断しておきましょう。

返済が滞れると、延滞金が発生し、支払い期間も長くなります。

もともとの返済額より利息が高くなってしまうので、こまめに返済していくことが大切です。

なお、可能であれば返済は一括で行うのがベストです。

毎月の返済額が少ないのは、一見負担が少ないように見えますが、返済の総額はかなり高くなります。

できるだけ一回ごとの返済額を大きく、とは言え無理なく返済できるような額に設定しておくことが大切です。

ブラックや無職がどうしても20万円借りる方法

プラックや無職が20万借りる方法

信用情報がブラックになってしまったり、無職だったりする場合でも、どうしても20万円が必要な場合もあるでしょう。

そのような時は、以下の方法を使えば20万円を用意できるかもしれません。

ブラックや無職がどうしても20万円借りる方法

いずれも審査が不要な方法になっているので、他に方法が見つからない時は検討してみてください。

20万円を貸してくれる人から借りる

20万円を借りる際に一番早いのが、身近な人から借りることです。

家族や友人などに頼んで、20万円を借りられないか確認しましょう。

ただし、身近な人同士の貸し借りで、20万円は非常に高額です。

いきなり20万円を貸して欲しいというと、心配されたり、怪しまれたりする可能性も低くありません。

借入を頼む時は、なぜお金が必要なのかをしっかり説明して、自分が置かれている状況を理解してもらいましょう。

そして、絶対に踏み倒す気がないこと、確実に返済することを約束することが大切です。

生命保険契約者貸付で最短即日で借りる

生命保険に加入している人は、契約者貸付を利用するのもおすすめです。

契約者貸付は、積立型の生命保険に加入していれば利用できます。

担保となるのは、生命保険の解約返還金です。

簡単に言えば、保険を解約した時に返還される金額の前借りということになります。

保険を解約する必要はなく、契約を維持したまま借入が可能です。

審査もないのですぐに現金を手に入れられますが、契約者貸付で借りた額はその分保険金から減額となってしまいます。

借入をしすぎて、自分の身に何かが起こった時に必要な額が不足する事態にならないようにしておきましょう。

また、借りた分を完済できなければ、保険が失効となる可能性もあります。

過度な借入をしないように気をつけましょう。

国の公的融資制度を利用して20万円借りる

審査なしでかつ、無利子で20万円を借りたい人は国の融資制度を利用するのがおすすめです。

国の融資制度は利用する目的によって最適な制度が異なります。

各制度で借りられる限度額も決まっているので、20万円必要な場合はその目的を明確にしておきましょう。

借りる目的と対象となる制度は、以下の通りです。

スクロールできます
 主な国の公的融資制度対象者
生活福祉資金貸付制度低所得世帯、高齢者世帯、障害者世帯
求職者支援資金融資制度失業または求職中の人
母子父子寡婦福祉資金貸付配偶者がおらず、子ども教育費を払えない人
緊急小口資金貸付失業や事故、災害などで一時的にお金が必要な人
教育一般貸付子どもの留学や入学でお金が必要な人
看護師等修学資金看護学校の学費が支払えない人

生活費に困っている場合は、生活支援費が第一候補となります。

1世帯あたり1ヶ月で20万円を限度額としていて、借りられる期間は3ヶ月間と決められています。

生活の再建を目的とした制度なので、再建ができなかった場合は最大12ヶ月まで延長できます。

そのほか、急な失業でお金が必要になった場合は求職者支援制度や、配偶者との死別によって子どもの養育費が支払えなくなった場合は母子父子寡婦福祉資金貸付が利用できます。

お金に困ったら、このような支援制度を活用していきましょう。

自分で探すのが大変な人は、最寄りの社会福祉協議会で話を聞いてみるのもおすすめです。

国の融資制度では、連帯保証人を立てれば無利子で借り入れることもできます。

あなたの状況を理解してくれている人がいるなら、保証人になってもらうことも一つの手です。

質屋に品物を預けて20万を借りる

質屋に品物を預けて20万円借りるのも、確実に審査を避けつつ即金を得られる方法です。

高額な品物を預ける代わりに、その品物の査定額に相当する額を借りられます。

信用情報に傷がある人や無職で収入がない人でも、現金を用意できるのが質屋のメリットです。

質屋で借りられる金額は、預けた商品の7割〜8割ほどです。

そのため、20万円を質屋から借りたいときはおよそ30万円分の品物を預ける必要があります。

不要なブランド品や楽器、アクセサリーなどがあれば、質屋に入れることも考えておきましょう。

なお、質屋から借りたお金を期限までに全額返済できない場合、預けた商品は売りに出されてしまいます。

大事なものを質に入れるなら、返済のことまで考えておくことが大切です。

20万円を審査なしで借りるに関するよくある質問

20万を審査なしで借りる時のよくある質問

審査なしで20万円借りることに関して、よくある質問をまとめました。

審査なしで20万円借りるに関するよくある質問
  • お金がない時はどうする?
  • 審査なしで20万円を借りられる?
  • どうにかしてお金を作る方法は?

借入に関する疑問は、必ず融資を受ける前に解消しておくようにしましょう。

よくある質問を参考に、20万円を借りることへの疑問点を解決していってください。

お金がない時はどうする?

どうしてもお金がないときは、金融機関からの借入を考えましょう。

消費者金融や銀行からの借入に抵抗がある場合は、日雇いのアルバイトを行うのも効果的です。

ただし、いますぐに20万円を作るのは現実的ではありません。

すぐにまとまった現金が欲しい場合は、やはり借入によって現金を用意するのが確実です。

とは言え、返済の目処が立たない借入は避けるべきです。

どうしてもお金がないときは、市町村の相談窓口を利用してください。

審査なしで20万円を借りられる?

審査なしで20万円を借りる方法は、以下の通りです。

審査なしで20万円借りる方法
  • 20万円を貸してくれる人から借りる
  • 生命保険契約者貸付で最短即日で借りる
  • 国の公的融資制度を利用して20万円借りる
  • 質屋に品物を預けて20万を借りる

基本的に審査なしでお金を借りる方法はありませんが、上記の方法を使えば審査なしで20万円を借りられます。

ただし、審査がない場合でも信用の担保となるものは必要です。

どの方法を取ったとしても、確実にお金を返すことを約束しなくてはなりません。

どうしてもいますぐ20万円を借りたい場合は、上記の方法を活用しましょう。

どうにかしてお金を作る方法は?

借入以外でお金を作る方法は、「日雇いのアルバイトをする」「在宅でできる副業をする」などの方法があります。

しかし、これらの方法はどれだけ短く見積もったとしても、支払いまで1週間はかかると思っておいた方がよいでしょう。

日雇いバイトは仕事をしたその日にお金を受け取れますが、1日で20万円稼げるバイトはほとんどありません。

いくらお金が欲しいからと言って、ヤミ金や裏バイトに関わることは絶対にやめましょう。

消費者金融や銀行での借入が望めない場合は、家族や友人に頼み込んで借入をすることが唯一の方法と言えます。

20万円を審査なしで借りることは難しい

20万円を借り入れるには、ほとんどの場合で審査が必要です。

貸す側も確実に返済できるという信用がなければ融資はできないので、審査は必ず行います。

その過程を飛ばして20万円を借りるのは、難しいと思っておいた方がよいでしょう。

ただし、審査なしで20万円を借りる方法がないわけではありません。

審査なしで20万円を借りるには、以下の方法があります。

審査なしで20万円借りる方法
  • 20万円を貸してくれる人から借りる
  • 生命保険契約者貸付で最短即日で借りる
  • 国の公的融資制度を利用して20万円借りる
  • 質屋に品物を預けて20万を借りる

いずれの方法も借りるための条件があるので、きちんと返済できることを説明して、借り入れるようにしましょう。

また10万円を審査なしで借りれるか気になる方は以下記事も参考にしてみてください。

10万円を審査なしで借りられる?即日融資を受ける方法と注意点を解説

目次