京都市西大路七条の質マルカでは、「ロレックス」「ヴィトン」「金 プラチナ」を高価買取・質預かり中!
京都府公安委員会許可 第611261530004号/第611261550001号 全国質屋組合連合会加盟店



コンテンツ

質の賢い使い方
ご利用者様の声
高価質預かり・買取の秘密
質の賢い使い方
ご利用者様の声
高価質預かり・買取の秘密


グッチでお金を借りる

ヴィンテージウェブなどグッチのアイテムを預けてお金が借りられます。

  • 質マルカに質預かりする商品と身分証明書を持ってご来店下さい。

  • その場で査定させていただきます。

  • 査定結果に満足頂いた場合はお取引成立!
    ご融資額と質札をお渡し致します。

グッチを売る

ヴィンテージウェブなどグッチのアイテムを質マルカに売却できます。

  • 質マルカに質預かりする商品と身分証明書を持ってご来店下さい。

  • その場で査定させていただきます。

  • 査定結果に満足頂いた場合はお取引成立!
    お品物代をお渡しして、お品物を頂きます。

  • 質預かり・買取の際必ず身分証明証が必要になります。

    運転免許証、保険証、日本国発行パスポート、外国人登録証など
    *現住所が記載されているものに限ります

    査定結果にご満足頂けない場合、キャンセル料は頂きません。

グッチの人気取扱いアイテム

  • ヴィンテージウェブ

    ヴィンテージウェブ


こんな状態でも大丈夫

「汚れていても」「壊れていても」大丈夫!「傷があるけど買取できる?」そんな商品でも、質マルカなら買取できるものもあります!
質預かりできないものは買取なら可能の場合も!
ぜひ一度無料査定をご利用ください。
シミやシワなどの汚れ、イニシャル入り、動かない時計、破損や付属品を紛失している。
そんな状態でも質マルカなら査定できます!

  • 破れたバッグ
  • 動かない時計
  • 壊れたアクセサリー
  • 傷の入った服


人気取扱いブランド

取扱いアイテム


  • LINE査定

グッチについて

グッチ(Gucci)は1921年にグッチオ・グッチがイタリアにて創業した服飾メーカーがスタートとなっています。グッチオ・グッチ自身はは1881年に帽子を製造する家に生まれるが20世紀初頭にロンドンのサヴァイホテルのエレベーターボーイとなりその時ホテルに訪れる上流階級の人々のファッションセンスを学びその要素を十分に吸収、勉強し実家に戻って服作りをはじめフィレンツェに自分の店を持つのは1921年になってからである。

そんなグッチの質入れをお考えの場合は質マルカへご相談ください。京都で創業昭和28年、伝統と実績の質マルカがあなたの大切なグッチ(GUCCI)を高価査定にてお預かりします。

グッチはブランドの元祖

グッチは「ブランドの元祖」といわれ、今ではあたり前になっている商品名にデザイナーの名前を入れ品質保証とするなどの手法を世界で初めて取り入れたといわれています。

またグッチを世界中の人気ブランドにした「バンブー(竹)」シリーズの誕生は、第二次世界大戦にて革の調達が困難になりキャンパス地にコーティングを施した布と金属や革の持ちての代わりに竹を取り入れたことに始まります。

今ではグッチ(GUCCI)の重要なシンボルとなっており、一時のブームは過ぎたかと思われた現代、またリバイバルブーム的に人気は急騰中です。今現在質マルカでのバンブーシリーズ新作の質預かり評価はうなぎのぼり。
買ってはみたもののあまり使わないバンブーシリーズがあれば質預かりも買取も京都最強の西大路七条の質マルカへ是非お持ちください。JR西大路駅からも阪急西院駅からも近い質マルカ、地元のみならず今では京都市内だけでなく京都府か全域からお客様が訪れるその幅広い取り扱い商材と知識、そして高い査定金額をご自身でお試しください。

多岐にわたるグッチのアイテム

さてグッチ(GUCCI)といえば鞄や財布などの革製品、バッグ類のみならず今ではアパレルにシューズ、時計やアクセサリーなどを含めた総合ファッションブランドになっています。

また自動車メーカーとのコラボレーション商品を出したり(キャデラックやフィアット)多方面とのコラボレーション商品が生まれています。現在はLVMHグループの一員となっていますがお家騒動が多いことでもグッチ家は有名です。
現在株式を1/3以上持たれているにも関わらず本社の金庫のカギをまだ引き渡していないなど話題の多いのも特徴です。またLVMHグループに買われるまではグッチ自身が他のブランドの買収に意欲を燃やしておりイヴ・サンローラン(SAINT LAURENT)やバレンシアガ、アレキサンダー・マックイーンにボッテガ・ヴェネタなどを傘下にしていた時期もありました。

グッチと日本の関わり

そんなグッチと日本のつながりはどこにあったのでしょうか?

「日本での高級ブランドの祖」として有名なサンモトヤマの茂登山社長が直接グッチに掛け合って輸入代理店として日本へ入れたのがはじまりといわれており、それはそのままグッチ・ジャパンへと昇格します。

この時の有名なエピソードは何度断っても熱心に日本へのグッチ輸入を求める茂登山社長にバスコ・グッチがせめて記念にと店内を案内したときにシルバー製のシガレットケースを見せるために茂登山社長に渡したときに茂登山社長がそっとハンカチーフを取り出しその上でシガレットケースを扱たことからバスコ・グッチがこれほど大事に物を扱ってくれる人なら安心して任せる事が出来る、と日本での販売権を与えるようになったというお話しです。

そんな日本ともかかわりが深く、また人気も絶大なグッチ。質マルカでは単に買取をするだけではなく、必要な時に必要なだけお金を用立て、また万が一返済が出いなくても担保(質草)として預けた商品をあきらめるだけで督促も何もない安心安全な「質」というシステムをご利用いただけます。グッチ質預かりなら京都の質マルカへ。

グッチの質預かり・買取なら質マルカにおまかせください

質マルカは近江から京都の西大路七条へ出てきて昭和28年に開業した現在三代目となる60年以上の歴史を誇る老舗質屋です。

地元下京区のみならず現在は西京極などの右京区一帯から南区、そして質屋さんや買取屋さんの多い中京区や上京区など京都市内全域からお客様がやってきます。
それは「たとえ預かりでも最高の価格を提示する」というポリシーを貫き通し、またそれが京都の皆様に受け入れられたからこそ。
その60年の伝統を皆様自信が体験し、お試しください。


電話番号0120-89-1178 店舗案内